金庫による防犯率ってどれくらいなんだろう

kinko_bouhan

私は今派遣で、某有名建築会社の子会社に務めている。そこは4人しか正社員がおらず、プレハブ小屋をちょっと立派にした建物を事務所としている。天然ボケで他の社員からは軽く見られている名ばかりの所長と、実質事務所の全てを動かしているキレ者のAさん、愚痴が多く皮肉屋のBさん、それから唯一の女性社員で事務所内のこまごまとしたことを全て担当しているCさんの4人だ。そこに私が加わり、事務所内のOA化のお手伝いをすることとなったのである。

私がその会社に行った頃はまだAさん以外はワープロを使っていたのでとても驚いた。聞いたことはあったけれど、感熱紙でプリントアウトというやつを私はそこで初めて目の当たりにしたのである。初めてパソコンが導入され、所長がワードで文章を打ちこむとき、エンターキーを恐る恐る押していた姿が今でも忘れられない。

そんなアナログな事務所だったので、事務所のお金や貴重な書類が所長の鍵付きの引き出しの中にあるとわかっても、私はそれほど驚かなかった。

詳しくはこちらの記事へ
→ 屋根裏に隠してある金庫

プレハブみたいな事務所、ボールペンでも開きそうな引き出しの鍵、今までよくもまあ空き巣被害に遭わなかったものだ。でも逆に考えるとこの事務所はものすごい神がかった力で守られているのかもしれない。確かにあのぼんやりしている所長、見方によっては大黒天様に見えなくもないのだ。

だけどAさんはさすがにその状況を危惧していたらしく、パソコン同様、金庫も事務所に導入するとのこと。でもこんなプレハブ小屋じゃあ簡単に侵入されちゃいそうだから、小さな金庫じゃ無意味だし、大きな金庫じゃ確実に床が抜けるだろう。一体金庫による防犯率ってどれくらいなんだろう。金庫なんかなくても、あの大黒天様みたいな所長がいれば安全なのかなーと思ったりもするのだけれど。